サクラのダイニングテーブル

サクラの耳付き板を使ったダイニングテーブル。

工房でお客様と板を選び、使い方を決めました。

3枚ハギで幅はあるものの、抜けた節や割れがありました。

板の欠点は埋め木すれば良いということでしたので、板が無駄なく使えました。


脚はホゾで組み、反り止めを別につける形です。

脚の形は少し前に作ったテーブルと同じになりました。


お客様には耳付き部分を磨いたり、オイルの塗装といった作業をしていただきました。

最近は近くのお客様が多くなってきていて、工房に来ていただいたり、納品に行く機会が増えています。